コミュニティ盛り上げ隊長

名前(ニックネーム可):永山健一

生息地(今住んでいる場所):千葉/松戸


職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:

「シンガーソングライター」「場作り」「本屋」


◎「シンガーソングライター」 「場作り」

ジャズドラマーを目指していた父の影響で音楽に興味をもち、30年以上一度も辞めず音楽を続けている。(永山さんにとって、音楽は水や空気と一緒。) 現在は、ミュジックセミナーのレッスン講師や、イベントスペースの運営、サウンドマネージャーをしている。子供たちが早い段階で直接「音楽」に触れ合える空間を作り、「誰にでも開かれた場」にすることで音楽の裾野を拡げる活動を模索中。

◎「本屋」

松戸市八柱にある元社宅を、シェアアトリエとしてリノベーションされた「せんぱく工舎」。https://greenz.jp/2017/07/19/omusubi_senpakukousha/ カフェや自転車屋さんが並ぶ中、日替わりで店番が代わるシェア本屋「せんぱくBookbase」http://bookbase1089.fun/ ここでは自分のおすすめの本を販売でき、「おきこぼ堂」(出身地でもある福島の民芸品「おきあがりこぼし」から)という屋号でシェアメンバーとして参加している。専門である音楽関連の書籍を中心に、今後はレコードや雑貨を扱っていきたいとのこと。

◎スイーツも作っちゃう!?

「おきこぼ堂」では、スイーツの企画や販売も始めていて、イベントなどで子供たちと一緒にデコレーションを楽しんだりしながら、「食育」についての試行錯誤中。複雑な問題を、どれだけポップに発信できるか?が、今の課題。



なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:

ちょうどコミュニティに興味をもっていた時に、omusubi不動産が主催していたトークイベントにgreenzの正太郎くんが登壇していて、そこでgreenzの話を聞いたのが初めての出会い。その後の歓談タイムの時に正太郎くんと言葉を交わし、また帰り道もたまたま一緒で話を聞いているうちに、greenzに参加すればいろんな人に出会え、刺激をもらえるんじゃないかと期待をもち、翌日にはピープルに!


必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):

・音楽のことなら、なんでも聞いてください!

・とにかく頑張っている人のお手伝いがしたい!


急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):

自分の知らないことなら、なんでも知りたいです。人が真剣に向き合っている「もの・こと」から、様々なことを感じていけたら嬉しいです。


ピープルのみなさんにひとこと!:

「自分のことは、他人が教えてくれる」と思っているので、たくさんの人たちとお会いできたら幸せです!


コンタクト:Facebookページ


他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

自分の店でのセッション風景。本業のベーシストとしての表情。

野球少年だった自分と今の自分の一人コラボ




※この記事はインタビューによって、作られました。



0コメント

  • 1000 / 1000