グリーンズピープル

記事一覧(97)

意外と「愛」で、できている。

名前(ニックネーム可):ぐっち生息地(今住んでいる場所):神奈川県/伊勢原市職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:greenzインターンです。大学では「ラテンアメリカ研究コース」というところにうっかり足を踏み入れてしまい、中南米の政治や社会について学んでいます。子供の頃から日本が好きで、日本を元気にしたいと思って生きてきました。大学に入ると「地域活性化」に関心を持ち、これまで静岡県南伊豆町、福井県鯖江市/池田町、高知県越知町などで地域おこしやまちづくりのプログラムに参加しました。最近は教育にも関心があり、鹿児島県長島町で行われる「獅子島の子落とし塾」の運営をやっています。他にも医療・福祉や移民、エネルギー、農林水産業、お金のあり方にも興味をもっていて、ちょこちょこ勉強しています。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:某有名ブロガーさんのブログで、「寄付で成り立つメディア」として紹介されていて 知りました。それまではたまに遭遇するくらいだった「ソーシャルグッドな、おもしろいことをやってる人」が、greenz界隈にはいっぱいいると知ってびっくり。そし て、そんな人たちがgreenz peopleとして1つのコミュニティーをつくっていることにびっくり(2回め)。登下校の時に夢中になってgreenz.jpの記事やピープル図鑑を読み漁ったのを覚えています。そして気づいたらインターンを始めていました笑。必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):・大したことはできませんが、人の話を聴くのが好きなので、何かあったらなんでも聴きます。悩み事とか愚痴とか知り合いに言えない秘密とか。・聞き流すのも得意です(主に親の小言。使い分けですね)。急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):感情が表に出にくいです。関心が広い反面、とても飽きっぽいです。特に秋冬は、何時間寝ても眠いです。季節に関係なく、時間にルーズです(直したい)。ピープルのみなさんにひとこと!:これだけ住んでいる地域も、世代も、やっていることもバラバラなのに、みんなが同じ根っこ(「greenz的なもの」とでも言いましょうか)を持っているようなコミュニティーは他にはないと思います。そんなピープル同士がつながりあい、そのつながりをいかしあって何かが生まれたら、それはなんて素敵なことなんだろうと思います。コンタクト:FacebookページSogo Hashiguchi他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

森に引き篭もり中

名前(ニックネーム可):ノボル生息地(今住んでいる場所):三重県いなべ市職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:きこり14年目。里の木々、里の森林との付き合い方を模索して、人里近くの人工林の一角を切り開いて自宅建築中。パーマカルチャー、大地の再生、自然配植の考え方と手法を取り入れながら、伐採跡地にフォレストガーデンを育てていくことと、先の台風で大きな被害が出た人工林の林相改善、森の回復を計画中。事業化できないとできない森づくりでなく、暮らしの中でどれだけ地域環境に関わってお互いを育んでいけるか、という実験(挑戦)のつもりでいます。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:知ったのはfacebookの友人のシェア投稿かな?グリーンズの記事は以前からよく見ていて、ささやかでも関わっていると思えるといいなあと思って。必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):チェーンソーのメンテナンス教えられます。急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):良くも悪くも一人で進めちゃう癖。ほぼ一人で3年ほど森の開拓を続けていて人の集まりに出ることもめっきり少なくなり、飲み会などが億劫になりつつある。。人の集まる場の刺激が恋しい最近。ピープルのみなさんにひとこと!:なかなか外に出ていく時間が取れませんが、何か関わる機会が作れたら嬉しいです。コンタクト:Facebookページ他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

ゆるっとふわっと凛としたい

名前(ニックネーム可):ゆっきーな 生息地(今住んでいる場所):東京都/世田谷職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:greenz.jpのpeople インターン。大学2年生です。人間関係の摩擦に心が折れがち人間なので、より居心地の良い関係を築ける社会になるにはどうしたら良いのかなあというのが私のテーマです。アプローチとして「一人ひとりの個人」と「社会構造」の二つを見てみようと考えた私は、個人に焦点を当てて教育支援や子どもの居場所支援のボランティアに参加したり、家族の悩み相談をめちゃめちゃ聞いてみたり、社会全体に目を向けてまちづくり系のスタディツアーの設計・参加をしたり、、、迷走の結果、根本的なところを考えたくて学業専攻として教育哲学を選びました。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:もともとちょくちょく記事を読んでいました。地元三重を離れ東京に出てきて、初めて実際にグリーンズのイベントに参加したのをきっかけにインターンとして関わらせていただくことになりました。(憧れのアイドルと同じグループに入れてもらったような気分ですね!笑)自分の生き方を模索したくて、ロールモデルを探したくて、というのも大きな理由の一つです。必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):笑顔!!!対人接客業のバイト経験が多いので売り子のお手伝いできるかもしれないです〜!笑急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):考えや気持ちを言葉にするのが苦手です…ピープルのみなさんにひとこと!:楽しみです!よろしくお願いします!コンタクト:Facebookページ他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

酔ったらめんどくさい若者

名前(ニックネーム可):まっさん 生息地(今住んでいる場所):東京都/高円寺職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:いまCAREER HACKというウェブメディアの編集・ライターとして、テック業界で活躍する若者や経営者にインタビューしています。元々エンジニアをやっていて、テクノロジーは好きだったのと、働き方(「気持ちよく働く」とはどういうことか)に興味があったのでいまの仕事をしています。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:元々のスローガン「ほしい未来は、つくろう」という言葉にグッと来て加入しました。みんなが、当たり前だとなぜか思っているところを疑い、自分たちの世代のために新しいルールを作っていく。そんなスタンスに共感しています。(いまはちょっと変わったのかしら?)必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):まだまだ下っ端ですが、1年間メディアをやってきて、編集・ライターのノウハウがあります。あとは、2年間SIerをやっていたのでテクノロジーの知識も。ウェブメディアの立ち上げ、なんかのときは役に立てそうです。急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):飽き性です。ピープルのみなさんにひとこと!:クラフトジンが好きです。コンタクト:Twitter他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

コミュニティ盛り上げ隊長

名前(ニックネーム可):永山健一 生息地(今住んでいる場所):千葉/松戸職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:「シンガーソングライター」「場作り」「本屋」◎「シンガーソングライター」 「場作り」ジャズドラマーを目指していた父の影響で音楽に興味をもち、30年以上一度も辞めず音楽を続けている。(永山さんにとって、音楽は水や空気と一緒。) 現在は、ミュジックセミナーのレッスン講師や、イベントスペースの運営、サウンドマネージャーをしている。子供たちが早い段階で直接「音楽」に触れ合える空間を作り、「誰にでも開かれた場」にすることで音楽の裾野を拡げる活動を模索中。◎「本屋」松戸市八柱にある元社宅を、シェアアトリエとしてリノベーションされた「せんぱく工舎」。https://greenz.jp/2017/07/19/omusubi_senpakukousha/ カフェや自転車屋さんが並ぶ中、日替わりで店番が代わるシェア本屋「せんぱくBookbase」http://bookbase1089.fun/ ここでは自分のおすすめの本を販売でき、「おきこぼ堂」(出身地でもある福島の民芸品「おきあがりこぼし」から)という屋号でシェアメンバーとして参加している。専門である音楽関連の書籍を中心に、今後はレコードや雑貨を扱っていきたいとのこと。◎スイーツも作っちゃう!?「おきこぼ堂」では、スイーツの企画や販売も始めていて、イベントなどで子供たちと一緒にデコレーションを楽しんだりしながら、「食育」についての試行錯誤中。複雑な問題を、どれだけポップに発信できるか?が、今の課題。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:ちょうどコミュニティに興味をもっていた時に、omusubi不動産が主催していたトークイベントにgreenzの正太郎くんが登壇していて、そこでgreenzの話を聞いたのが初めての出会い。その後の歓談タイムの時に正太郎くんと言葉を交わし、また帰り道もたまたま一緒で話を聞いているうちに、greenzに参加すればいろんな人に出会え、刺激をもらえるんじゃないかと期待をもち、翌日にはピープルに!必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):・音楽のことなら、なんでも聞いてください!・とにかく頑張っている人のお手伝いがしたい!急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):自分の知らないことなら、なんでも知りたいです。人が真剣に向き合っている「もの・こと」から、様々なことを感じていけたら嬉しいです。ピープルのみなさんにひとこと!:「自分のことは、他人が教えてくれる」と思っているので、たくさんの人たちとお会いできたら幸せです!コンタクト:Facebookページ他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

【♯7】いつもサッカー観に全国飛び回ってる人

こんにちは!ピープルインターン生の浅葉です!今回は、私の地元である横浜のお隣「川崎」でグリーンドリンクスのオーガナイザーをされている野田さんにお話を伺いました!野田さんはグリーンズドリンクス東京に参加したことをきっかけに、7~8年前からグリーンズに関わって頂いています。元々会社や家族とは異なる、「第三のつながり」を求め様々なコミュニティイベントに参加されてたそうで、その中でグリーンズと出会ったとのこと。今はWEBと紙メディアの企画制作とリアルイベント運営の編集とデザインのプロダクションnorman.jpにおいて、地元川崎のサッカーチーム「フロンターレ川崎」の観戦記や、海外の旅行記など、様々な情報発信を行っています。(野田さんは、大のフロンターレファンです。。)聞くところによると、小学生の頃から自主的にフリーペーパーを作成していたらしく、幼い頃からの好奇心の延長に、今のお仕事があるみたいです!リクルートやDeNAなど、大手企業でWebメディアの編集に携わってきた野田さんですが、紙のメディアにも愛着があり、これからも紙・Webに限らずメディア編集者として情報発信のハブとなること生涯をかけてやっていくそうです!僕もメディアにはとても興味があったので、面白いお話を色々と聞けて嬉しかったです。今日は非常に穏やかに優しくお話をしてくださり、ありがとうございました!またお話を伺わせてください!▼ノーマンジェイピーnorman.jp

愛を引き出し、愛を紡いでいく

名前:杉山 仁美生息地(今住んでいる場所):広島県/大崎上島職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:元経営者のシングルマザー「自分を大切にしながら事業をステップアップできるのか」を実験中です。25歳の時無農薬・無化学肥料野菜に感動してオーガニック野菜の移動販売を始めました。図書館で経営、マーケティング、心理学、社会学などを学んで事業を軌道に乗せ、オーガニックショップとスタジオの経営を6年半行っていました。その後娘が「山村留学に行きたい!」と言い出したことをきっかけに、オーナー権を売却し、一年間の世界一周旅行をして帰国したのが去年(2017年)そしてこの5月から広島で、夢だった離島暮らしをしています。現在の活動の軸は三つ。○福祉施設の経営コンサルティング○個人対象のコンサルティング/コーチング◎「地域の人の、地域のための、地域トーク」計画地域トークというのは登壇者も聴衆者も地域の人でやる「地域版TED」のようなものです。その地域で様々なチャレンジや夢を持って動いている人に登壇してもらって自分の取り組んでいることや夢などをスピーチしてもらいます。次世代リーダーを育てることができて、     一人一人の未来や希望につながり、      地域に分散している素晴らしい取り組みを可視化して繋げる。そうしてどんどん地域が一体感を持って歩んでいく。。そんなトークイベントを広島・大崎上島から全国に広げていきたいと思っています。一人一人の中には素晴らしい愛が溢れていると思います。それにどんどん気づいていける社会になってほしい。だからまずは自分の身近なところで、その一瞬一瞬を大事に愛を伝えていきたいです。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:1年ほど前に知り合いの紹介で記事を読むようになりました。とても面白い活動だと思うので、サポートもしていきたいなと思っています!必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):・経営のコンサルティング・コーチング(自分の中にある、考えや思いを引き出すお手伝い)・オーガニック野菜の料理の講師(野菜嫌いの子供に野菜を美味しく食べてもらう工夫など!)急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):・作業系(メールフォームを作ったり、ホームページを作ったり、、といった作業が苦手です。得意な方にお願いしたい、!)・ネーミングピープルのみなさんにひとこと!:人と話すのが大好きですいろんな人と出会って一緒に歩んでいけたらと思っています◎コンタクト:Facebookページ      ブログ

つなぐ人になりたい

名前(ニックネーム可):片桐麻実(ぎりさん) 生息地(今住んでいる場所):神奈川県/横浜市職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:武蔵美でデザインを学ぶ大学3年生です。「アトリエちびくろ」というサークルで小学生100人と遊んだり合宿したりしてます◎子どもが好きです^^社会に対して、より良くしようって活動をしている人はたくさんいるけど、知る人ぞ知る、って感じ。それがもったいないなぁとずっと思っていました。人を繋げるのはデザインの力かなぁと思って美大に来ました。地域活動でのデザインの役割、機能に興味がありデザインを学んでいます。(やっとグラフィックにも興味が出てきた)会議や講義の内容を文字と絵を使って記述していく「グラフィックレコーディング」に興味があり、練習中です◎なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:大学の先輩のつながりでインターンに参加したのがきっかけです◎そもそもの出会いは中高生の時にgreenzの緑色の本を読んだのが最初でした。必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):ロゴ・フライヤーなどのデザイン、似顔絵など、お声掛けいただいたら頑張らせていただきます^^設営等の力仕事、卓のこインパクト等の工具使えます。身体動かす系好きです◎お菓子作り、もできます。急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):いっぱいいっぱいになるとシャッターが降りることがある余裕がなくなると活動をやめて回復を待つのですが、ちと極端すぎるところがあります、、ピープルのみなさんにひとこと!:これから、たくさん素敵な出会いがありそうでとても楽しみです!活動のこと、生き方のこと、たくさんお話聞きたいと思ってます◎どうぞ宜しくお願いしますコンタクト:Facebookページ

素人になろうと常にあらがう福祉界隈の人

名前(ニックネーム可):せこ 生息地(今住んでいる場所):京都府/右京区らへん職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:おっきな法人で人材採用と広報。ちっさな法人で理事。大学を卒業してずっと福祉の周辺を行ったり来たり、近づいたり遠ざかったり。でも何だかんだこころにいつもあるのは、障害をお持ちの方のこと。障害をお持ちの方の生活を一緒に作る仕事を長年やってきた中で、障害が理由で生活に制限がかかることをたくさん見てきました。一緒に悔しい思いをたくさんしてきました。だから、無意識のうちに他人ごとではなく自分ごとになっています。ああ、やっぱり障害をお持ちの方へ関わり続ける生活をしていくのだとようやく選択することができました。ぼくたちは様々な選択をして生きています。障害があるからその選択が狭まるのはおかしいと思うので、色んな場や出来事に「障害をお持ちの方」を意識できるような提案をしたり、ぼく自身もイベントをしたりしています。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:最初は活動をともにしていたNPO法人Ubdobeが記事で取り上げられたことではじめて出会いました。その後、greenzのミッションを見たときは流し読みだったのですが、夜寝る前にふと思い出しました。とてもいい言葉だなと。まず自分ごとでコトを興していくこと。そして継続させ、自分がこうあるべきと思う未来をつくっていくこと。この未来は、わたしの思う未来ではなく、わたしたちの思う未来なんだということ。こう解釈しだすと、わっとテンションが高まり、その夜は徹夜をし、記事を読み漁りました。その後、自分でもコトを興し続けていったなかで、そろそろ僕がやっていることが小さいながらでも他者に説明できるようになったなと思い、greenz peopleになりました。自分自身を説明できないのであれば、ただの読み手と何ら変わらない活用しかできないと思ったので。必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):福祉にちょっぴり興味のある大学生や若い方々に「福祉、おもしろそー」と思わせるのは得意です。大学でときどき授業を受け持つことがあります。キャリア形成論やアドボカシーとメディアなど。また、小さな場づくりで出合った大学生とともにイベントを企画したりサークルの相談をしたりするなかで、福祉にまつわるぼくの経験をおはなししたり、福祉の魅力、というかありのままの福祉を伝えたりするなかで、「福祉、やってもいいかも」や「福祉に興味出てきました」と福祉の世界に飛び込んだり、福祉のイベントを企画したりと行動にうつしていただきました。急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):細かい作業が苦手です。また、飽き性のため意識しないと持続性を持てません。ピープルのみなさんにひとこと!:外交的なコミュ障ですが、意外と人懐っこいです。(なかよくしてください)コンタクト: FacebookページLINEID sekoguchi1103他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

漁村好きのローカルWEBメディア運営人

名前(ニックネーム可):村山 祐介 生息地(今住んでいる場所):三重県津市職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:家業が津市の印刷屋で、十数年前に家業に入り、グラフィックデザインやWEBデザインをしてきました。そしてWEBでの発信の面白さに目覚め、三重に暮らす・旅するWEBマガジンOTONAMIEを2015年10月に立ち上げました。当初、広告によるビジネスモデルを目指したのですが、見事に失敗。「そろそろ引き際かな・・」と立ち上げ数ヶ月でやめようかと思いもしましたが、登録いただいているボランティア記者さんの記事がおもしろく「自分もおもしろい記事が書けるようになりたい!よし、とりあえず利益とかあまり考えずに続けよう」となりました。続けていくと、運営していけるだけの収益はカツカツですが確保できるようになりました。でも基本的にOTONAMIEでは地域のおもしろさを追求したいという想いは変わりません。楽しんでいるうちに少しだけ変わってきたこともあり、私たちはそれを「三重を1mmずつ動かす」と呼び、「三重を世界に!世界の三重へ!」と夢のような夢を追いかけています。県外、海外へと1mmずつ動かし、今アジアに向け三重の情報発信も始まりました。 最近「三重とかじゃないのかも・・」と、うすうす感じていて、日本の地域のおもしろさにも興味を持っています。またOTONAMIEは約150名のボランティア記者さんの登録があり、コミュニティとしてのおもしろさも追求したいと考えています。なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:OTONAMIEでいろんな人から応援されることがあります。そして「応援する側ってどんな感じなのだろう」と思ったのがきかっけです。あとgreenzさんのコミュニティや人を大切にする感覚が好きで、ピープルになりました。必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):地域のWEBメディアさんからローカルWEBメディア運営について、質問されることもあり、お役にたてるかどうかわかりませんが、そういったことならお伝えすることができます。あとワークショップなども開催しているので、その運営方法などもお伝えすることができます。基本的にOTONAMIE運営部は「競合」という概念がないので、オープンにお伝えできることはお伝えします。Skype(実際にはアピア—イン)で繋いで打合せなどもすることがあるので、WEBでのご相談にもお応えしています。急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):個人的に、人前で一人で話し続けること(講師的な話の場)は、声が震えるくらい苦手です。でもディスカッションは好きです。ピープルのみなさんにひとこと!:三重というTHEマニアックな県から皆様の活動を応援しています!コンタクト:Facebookページ他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。