コミュニティ×映画×大人の学び プロデューサー

名前(ニックネーム可):五井渕 利明

生息地(今住んでいる場所):東京都墨田区

職業や興味を持って取り組んでいることはなんですか?:

複数の生業を持っていますが、だいたいこんな感じです。

■コミュニティやNPOの組織マネジメント/人材育成の研修講師・コンサルティング

■地域市民参加型映画づくり/上映会プロデュース

■20代〜30代ぐらいの働き方・生き方のキャリアデザインを考える場づくり

大きなターニングポイントは「ふるさとがえり」という映画の制作現場(岐阜県恵那市)に飛び込んだ時のことです。プロのキャストやスタッフだけではなく、大勢のボランティアメンバーが関わり、自分事として一緒に映画をつくっていました。多くのひとりひとりに関わるまでのものがたりがあって、それがひとつになって映画という作品に結実する場面に衝撃を受けました。いま思うと、そういう熱量の高いコミュニティとの出会いをずっと求めていたんです。こんな熱の中で生きていこうと腹を決めて、公務員を辞めて独立し、いまの働き方につながっています。


なぜgreenz peopleになったのですか??グリーンズとの出会い、ピープルになったきっかけなど教えてください。:

(1)たぶん2011年ぐらいから時々記事を読むようになった

(2)greenz drinksなどイベントに行ってみる

(3)ある時ライターを募集しているのを見て勢いで応募

(4)うっかり採用いただいてごく短い期間・2本だけ記事を書いた

(5)書くことに時間が割けなくなってしまってライターを離脱(すみません!)

(6)ちょっと気まずくて距離を置く

(7)プロデューサーの小野さんに相談乗ってもらってお世話になった

(8)恩を感じてピープルに戻る ←いまここ!


必殺技(特技、またはピープルのみんなに頼まれたらこんなことができる、教えられる、つくれる):

人前でしゃべるとか、ファシリテーションするとか、そういうことは得意です。

赤羽の大衆酒場はとても好きなので、案内できます。


急所(苦手なこと、悩み、助けてほしいこと):

絵を描くのが苦手。子どもに見せると愛想笑いされるレベル。

人を頼るのが苦手。どうも仕事を自分でかかえちゃう。

父親になってまだ2年目。いろいろ試行錯誤中。


ピープルのみなさんにひとこと!:

人見知りだけど人は好きです。初対面だともじもじしちゃうと思いますが、仲良くしてください。


コンタクト:Facebookページ

愛する娘のテンションについていけていない

大好きなお酒を飲んでいる時

他のピープルからの紹介コメント:↓下のコメント欄をご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000